DSC_0350

サイゼリヤ web

 まだまだ人間の方が
 抜群に賢いようであることを再確認した。

 

 
DSC_0355

すまん。
先に謝っておく。
平日オフなんだ。
デカンタで二杯ぶん。(WN03)








DSC_0359

コロナ禍で圧倒的に変わったことは
昼呑みが完全に市民権を得たこと。
これはありがたい。
特に俺の生活には 昼呑みがベスト。









DSC_0360

ランチにちょい足し。
アロスティチーニ(AA02)
ラムの串焼き 400円。









DSC_0361

500円ランチに400円の小皿をプラス。
なんというブルジョワ。








DSC_0363

ちゃんとラムの臭み。
これはうまい。
ワインすすむ。









DSC_0366

ほどなくランチ登場。
鶏肉のトマトソース煮込み500円。
ライス大盛で550円。(LC91)









DSC_0365

きっとこの皿ごと流通している。
冷凍orチルド。
真空かもしれない。
注文が入ればオーブンorレンジにポイっ。









DSC_0367

そしてあほほどうまい。
チーズとソースの絡みがたまらん。

なんか そういう提供方法に
妙に文句言うやつ多くて辟易。
税込500円という枠の中で
客・店・従業員・物流・倉庫・生産・管理・仕入先
そして株主までもを満足させる品が
お前に考案できるのか?
俺は全方位の満足を少しずつ内包しながらのランチ500円(税込)の この味に驚愕しか感じない。

しかもサラダ・スープ付きだ!









DSC_0368

このサラダにこそ
サイゼリヤの姿勢が現れる。
例えカット野菜を仕入れたとしても
それを店で盛りつけるには 人的コストがかかる。
袋からダーッ スクーパーでぽいっ。
だからといってポテサラでは安っぽい。
だからこそのコールスローだ。







DSC_0370

コールスローで飯が食える俺には
むしろwelcome。
小さくちぎられた葉野菜をうまくフォークで刺せずならばとフォークに乗せようとしてテーブルにポロリなんて事態が日常的に巻き起こる野菜サラダより数倍好ましい。








DSC_0351

見ろ。
こんなに戦っている。
先進国最弱の日本の購買力は
辛味チキンを5本から4本に変えてしまった。
このチキンはAA01だぞ。
サイゼリヤの尖兵だ。突撃兵だ。
そのAA01の本数を変更させてしまう日本の国力を
現:岸田内閣はどう思っているのか?
消費税をゼロにします!と絵空事ばかり唱える政党よりも サイゼリヤのランチを750円にします!と唱える政党に一票入れたい。

あれ?
比較的新顔のアロスティチーニはAA02だったな。
思い入れは無いのかな。
AAは調理方法? 違う!AppetizerのAか!
え?なんでAA?後ろのAは何よ?

俺が頼んだランチはLC91
LunChか!
9種類のランチの9番目の
鶏肉のトマトソース煮込みがLC90
その大盛がLC91なわけだ!


あんたなにゆーてんの?
                とお思いでしょう?  でしょうねww








DSC_0371

注文方法が変わってたんすよ!
伝票にメニュー番号を書いて
お姉さんに渡すという方法に!
これは牧のうどんオーダーシステムじゃないか!

たぶん 従業員と客との近接した時間を
極力減らす作戦。







DSC_0353

つまりは こういう事。

タッチパネル式の食券販売機導入したものの
バシッとしたユーザーインターフェイスが確立できずに
機械の前で客あわわヽ(´Д`;)ノな店より
ずいぶんとスマートだ。

しかもだ。
超スーパー特大にビックリしたのは
この伝票を渡したお姉さんが

 『ご注文を確認しますっ!』って

この記号を見ながら
商品名をすらすらとしゃべった事!




 『アロスティチーニがおひとつ
     ナスのミートソーススパゲッティがおひとつ
     鶏肉のトマトソース・・・』

 『全部覚えてんすか!』
           
思わずお姉さんの喋りの途中で聞いてしまった。





『ええ だいたいは!』と答えたお姉さん。
受注パッドのカバーをくるっとひっくり返して
『でも ここにカンペがw』

にこっと笑ったお姉さんの
なんと愛らしかったこと!


タッチパネルの機械は 微笑んではくれまへんで?










DSC_0369

サイゼリヤ web

ペイ決済やカード決済に
徹底して抗うサイゼリヤの独自姿勢も 
全方位の満足のためと思えば むしろ好感。