DSC_0618

はかたや web

 はかたやに朝食があるのか?
 あるじゃないか。
 博多の伝統的breakfastが。


 

DSC_0611

これだ。
言わずもがなだ。







DSC_0610

多種揃えられたフリートッピングも
朝は全く用は無い。
素の味わいを感じたい。
朝は特に。






Screenshot_20211202-041933

残念なことだが
全店24h営業ではなくなった。
このリストに載っていない堅粕だけが24h営業。
『朝メシ』と呼べるのは
堅粕・太宰府・春日だけ。
時代の流れとは解ってはいるが寂しくはある。





DSC_0612

難民キャンプで配られる食糧。
まずは小麦粉と食用油。
即効性のカロリーで命を救うのだ。








DSC_0613

食べやすく加工された小麦粉。







DSC_0614

贅沢にも調味された油。
いや、脂。








DSC_0615

加えて
動物性たんぱく質と 少しの野菜。








DSC_0616

これが
伝統的博多の朝食290円。
具だくさん博多スープである。







DSC_0617

博多の民は 
紅生姜でシャッキリ目を覚まし
1日を始める。