DSC_0527

森のカフェ・畑のカフェ 
緑の詩~おと~ map
糸島市白糸561

何年振りかに 山糸島に来た。


  




DSC_0548

なんだか映えなアレがあって人気だと。
首根っこつかまれて連れてこられた場所は








DSC_0547

山糸島。
糸島と言えば海ばかりフィーチャーなナゥ。
いや 俺もそう。
山側はバイク乗って走り回るところくらいにしか思ってない俺。








DSC_0521

俺の第1印象は
現代版ラストサムライの村(ちっちゃい版)
これがあと10個も連なっていたら・・・
ってか連なっていたんだろうね。
もともと俺の血筋は山の人。
なんかっちゃー連れ出されてたからね。
やれ山芋掘るだの山小屋建てるだの庭石掘り出すだの・・・







DSC_0522

オープン11:00
到着11:03
もう行列。
白糸の滝のすぐそばの
なんちゃない山の中にもう行列!
しかも福岡弁の方が少数派かもしれん。
外国語も多数。








DSC_0549

君ら どうやって来たんよww
まぁ車でしょうけど。






DSC_0524

DSC_0525

それぞれ注文したら みんな一目散に森に消えていく。










DSC_0530

豊富に用意されたキャンプ椅子。










DSC_0523

みんな我先に森に吸い込まれていく。










DSC_0531

なるほど! 場所取りか!
映えなスポット探してるわけだ!
俺も俺も!









DSC_0538

場所取りの間にカフェメニューが出来上がって
席確保したら取りに行くわけで
つまりはオールセルフサービス。
ショッピングモールのセルフは なんだかなぁと思う俺でも
この店なら嬉々としてセルフってしまう。










DSC_0534

しかしよ~~作ったなぁ。
重機無しじゃムリやろ!
ここはどうなってる?
これ材はなんや?
応力分散どうしてる?
そんなことばっかり気になる。










DSC_0539

森・・・っつーか林。
杉林。
枝打ちもままならず 
切って出しても金にはならず
花粉さわさわ出して
嫌われ者の杉林の新たな活用法。

いや 思いつくのは思いつくかしらんけど
実行するのは大変よ。
出来上がったとしても
今度は商売成功させないかん。
そーりゃ奮闘努力が山のようにあったことでしょうよ。
すげーなー!だけが頭の中をリフレイン。










DSC_0540

なんだかんだしゃべる中に
あれやこれや杉林の知識など織り交ぜる。
なんせ俺は 山田の血。
ガキの頃からさんざん杉の話は聞かされてきたw

※おにぎりアクション期間中なのでおにぎり










DSC_0544

実はね
実家にあるんよ。山。
こんな感じの杉山。
いっちょスタートアップすっかぁ?

せんせんw 怖いわ。
こんなん出来るわけない。
いやすごい。
誰がやってっか知らんけど周りは反対せんかったんか?w
いやホントすごい。








DSC_0536

森のカフェ大人気。場所取りに苦労するほど。
畑のカフェは閑散。なんで?






DSC_0537

こっちはこっちでいいやん!
今度はこっちにしよーっと。







DSC_0546

ちくわはちゃんと返しましょうね。








DSC_0550

森のカフェ・畑のカフェ 
緑の詩~おと~ map
糸島市白糸561









DSC_0535

昔 一緒に遊んでたやつらへ

なぁなぁ 
思うことは同じだよなぁ?